ペット保険を比較・検討するときのポイント

保証内容とオプションの多様性

ペット保険を選択する際に、掛け金を特に気にする人が多いです。動物病院で行われるペット向けの診療については、人間用に比べると遥かに高い金額が飛び交うのが通常です。年間にほんの数回通院するだけで元が取れるものがほとんどのため、気にする点はむしろ保険が効かない場合がどのくらい存在するかということになります。
補償金額が50%,70%の保険が一般的ですが、中には90%や100%というものまで存在します。ペットの種類ごとに通院しやすいかどうか傾向があるため、合ったものを選択することになります。特に気をつけることとして、保険が効かない場合の免責時効が必ず書かれていることから、免責事項について注意して確認する必要があります。

通院する病院で取り扱いがあること

ペット保険では急な依頼を行うことも多いため、自宅近くのかかりつけ動物病院と実家やよく立ち寄る先にある動物病院の両方で取り扱っている必要があります。とりわけ、一旦支払い後日まとめて請求するタイプの場合、手間が多くかかることから窓口で自己負担分のみ精算出来るタイプの保険が望ましいです。
人間用に比べて動物病院では、緊急時の対応が十分ではないことが多く救急救命に対応している動物病院では費用が更に高額になりやすい傾向があります。このため、夜間診療を行っている近隣の動物病院を確認した上で保険の取り扱いを比較する必要があります。例外として、海外にて受診するケースとなりますが、海外渡航時には別途専用の保険を掛けた方が補償内容が明確になるため望ましいです。