十分なチェックが必要!ペット保険で補償される内容や料金

ペット保険会社の違い

ペット保険とは、大切な家族であるペットが、病気にかかったり、怪我などをした場合にかかった費用を一定の割合の範囲内で保証してくれるものです。
ペット保険を扱う会社は、二つあります。一つは、一般的な損害保険です。会社の最低資本金が10億円で免許制であり、万が一会社が破綻した場合でも、「損害保険契約者保護機構」に加入しているため、保険金は定められた割合で保証されますが、保険料が少し高いのがデメリットです。
もう一つは少額短期保険です。こちらは、最低資本金が1000万からで、保険金額や期間なども上限があるため、知名度が低いところが多いです。支払う保険金が一般的な保険会社に比べて低いので、経済的には負担が少なくなります。

ペット保険の補償内容の違い

ペット保険の補償内容の違いは3つあります。
1つは、定率補償のタイプです。これは、ペットが怪我をしたり、入院を余儀なくされた場合、かかった治療費に対して、50%や70%など、一定の割合で補償金が支払われるというものです。ただし、支払いの限度額も決まっています。そして、2つ目は、定額補償です。これは、治療費に関係なく、一定の金額をそのまま保証してくれます。そして、3つ目は、実額補償です。こちらは、保証の限度額の範囲が決まっていて、その範囲内であれば治療にかかった費用を全額保証してくれるというものです。ですが、その分保険金がやや高くなります。
以上3つの補償内容がありますので、大切なペットのためにどのタイプを選択したらいいのかしっかりと検討していくことが重要です。